膀胱がん・がん関連

「子宮がん」の用語使わないで 学会が国に要望書

「子宮頸がん」と「子宮体がん」の情報をごちゃまぜにして発表しているのは、世界でも日本だけだそうです。

ソース元
ラジオNIKKEI 「がんからの出発 ~ いのちみつめて」 のPodcast
http://www.radionikkei.jp/inochi/

47NEWS
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061201000547.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛があるから強くなる ~がんサバイバーたちの42.195キロ~(仮)

エロハーの杉浦さん達のホノルルマラソンの模様が、放送されます!

ぜひぜひ、見て下さいね!

テレビ愛知 1月22日(土)14:30~15:00 

http://www.tv-aichi.co.jp/kiseki/index.html

テレビ東京 2月19日13:53~14:23 です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

垣添会長に「解任動議」、がん対策推進協が前代未聞の空転

ソース元

http://news.cabrain.net/article.do?newsId=30955

前回の議事録

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000wcyk.html

その他の資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000008fcb.html#shingi1

委員名簿

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000wxts-att/2r9852000000wxv9.pdf

11/21 21:23 委員名簿先を修正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワーキングサバイバー研究会が開催されます。

ワーキングサバイバー研究会
http://workingsurvivor.show-chu-cat.readymade.jp/?eid=1

テーマは
働くがんサバイバーのためのセルフ・ヘルプ
今、何がどれくらいできて、何がどれくらい足りないのだろう?
一緒に考えてゆきませんか? です。

日時 9月25日 土曜日 10:30~ 15:30 (くらい)
    お昼休みあり。途中退出も可です。
会場 龍谷大学セミナーハウス ともいき荘
    〒602-8019
    京都市上京区室町通下長者町通下ル近衛町38
       
    http://www.ryukoku.ac.jp/tomoikiso/
    
    京都市営地下鉄線丸太町駅2番出口から徒歩6分
    市バス烏丸下長者町から徒歩3分

参加費 500円です。60名くらいの方は入れますよ。

プログラムは 
    
第一部 10:30 ~ 12:00過ぎ
体験者のサバイバーの方に、お話をしていただきます。
第二部 13:30 ~ 15:30
当日、また事前にいただいた、体験者やドクターからのメッセージをもとに、
①小さなグループに分かれて、それぞれの思いを一言づつ話していただきます。
(必ずみなさん、一言お話してくださいね!)
②グループでお話しされたことを、まとめる形で会場の方みなさんに教えてください。
質疑応答も行います。
当日、民間保険に詳しい代理店の方や、医療関係の方がお越しくださる予定です。
その場で回答できることも、できないことも
ご質問ください。
皆様からのメッセージは、まとめてお知らせいたします。
また、行政や福祉など関係のあるところに提言として提出させていただくことも考えています。
皆様からのご質問は、後日、担当の各所に質問を投げかけ、
回答ありましたものは、順次お知らせいたします。



9月25日に「ワーキングサバイバー研究会」が

京都御所の西側の龍谷大学セミナーハウスで開催されます。

ぜひ、ご参加下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォーラム「がん患者の就労とお金の問題」に行って来ました

フォーラムの内容はこちら

若年者の患者にとっては、まさに切実な問題!

どんな内容なのか興味津津で聞きに行って来ました。

同じ問題に対して、多方面からのお話が聞けて、とても良かったです。

ディスカッションでは会場に来られていた患者さんやご家族の方々のお話が来てました。

自分の場合、治療費そのものは、高額ではなかったけど

就労出来ない期間が長かったから、カードで借りたり、個人年金解約したり、

それでも足りないから、親に借りまくったもんな~。

お金の問題は大きいです。ほんと。

お金ないと、治療すら受ける事が出来ませんもんね。

1回のフォーラムでどうにかなる問題ではないけど、こういったものは

何回も開く事ことは大切ではないかなと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メッセンジャー Vol.28 感動

Save0001
今日、届いた

杉浦貴之さんの、雑誌、メッセンジャーVol.28は

がんサバイバー特集だった。

みんな凄い人達だ。素敵な笑顔が輝いている。


杉浦貴之さん
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=661028

メッセンジャー
http://www.taka-messenger.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

膀胱全摘の適用が、温存療法で全摘出回避

膀胱全摘の適用が、温存療法で治療可能に!

2009年5月 特別号に、俳優の菅原文太さんが
標準治療ならば、膀胱全摘の所を
筑波大学付属病院腎泌尿器外科・男性機能科診療グループの
放射線療法と化学療法により膀胱温存治療を受け完全寛解したとの記事が掲載されました。

この記事によると
まず、経尿道的腫瘍切除術(TUR-Bt)を受け、その後
抗癌剤動脈内注入と放射線(陽子線)併用による膀胱温存療法を受けていたようです。

抗がん剤は、シスプラシンとメソトレキセートとの事
また、放射線は、週に5日、23日間にわたって、41.4グレイとの事です。

なお、費用は、250万ほど掛かったとの事。

また、膀胱がんの温存療法を行っている病院は
筑波大学の他に、四国のがんセンターでも行っている模様です。

もっと費用が安くなるといいですね。

また、膀胱がんのワクチン療法が岩手大で医師主導型の臨床研究を開始しているので
今後に期待です。

あとは、全ての膀胱鏡が、ファイバースコープの柔らかい物になると
患者としては、ありがたいです。

硬い膀胱鏡は、非常にしんどいですから。

http://www.zakzak.co.jp/gei/200902/g2009020201.html

http://www.zakzak.co.jp/gei/200903/g2009031028.html

http://melit.jp/voices/fight/2009/02/post_468.html

http://kazamori-shin.at.webry.info/200902/article_1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついにこの日がやって来ました!!

ついにこの日がやって来ました!!

次の検査予約なし! とりあえず終了!となりました。

今日は、先週の尿細胞診の検査結果の日。

検査結果はクラス2で再発兆候なし。先週のCT、膀胱鏡検査も異常なし。

その結果、再々発の治療終了から10年間再発なしになりまして、

とりあえず、ここで一端区切りをつけましょう!

となりまして、次回の検査予約はなしとなりました。

検査結果前になると、どきどきしたり、何か気持ちがおかしくなったり、などなど

再発していたらどうしようなどの検査恐怖から、解放となりました。

あの嫌な膀胱鏡からも解放です。

やったー!やりました。

最初の告知から、15年、いろいろ思いが・・・。

そうそう、ウェイトの大台を割りました。ここからさらにウェイトが落ちる様に頑張りまーす。

大好きなこの曲を聴きながら、この日がむかえられた事に感謝しています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

膀胱がんの新しい世界標準化学療法(GC療法)が日本でも適用可能に

ガンファイターさんのブログで、(http://melit.jp/voices/fight/2009/01/post_436.html

日本イーライリリーが、11月26日、ゲムシタビン(商品名「ジェムザール」)の尿路上皮癌への適応拡大の承認を25日に取得したと発表した事を知りました。

日本イーライリリーのプレス発表は、以下のサイトから見る事が出来ます。

http://www.lilly.co.jp/CACHE/news_2008_33.cfm

自分の場合、治療は、初回は、内視鏡による手術。

再発時、内視鏡による手術 + 予防措置としてBCG膀胱腔内注入療法。

再々時は、内視鏡による生検、BCG膀胱腔内注入療法で、治療。

でしたので、いわゆる抗がん剤は使用していませんでしたので、いろいろと知識不足。

勉強したいと思います。

さまざまな情報が、ガンファイターさんのブログにあります。

ぜひ、御覧下さい。

http://melit.jp/voices/fight/2009/01/post_436.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばれ!松沢知事! 受動喫煙防止条例(仮称)が骨抜きに。

松沢成文知事が制定を目指した「公共施設における受動喫煙防止条例(仮称)」は、事実上”骨抜き”となってしまったみたいです。

カナロコのニュースで知りました。
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivjan0901260/
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivjan0901261/

もうがっかりです。

店舗側などの反発を受け大幅に譲歩したとの事です。

横浜市では、こんなポスターを作ってがんばってますよ

Poster_no_smoking

http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/200901/20090108-025-6843.html
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/hww/poster/no_smoking.pdf

しかも無料でお分けしてくれるそうです。

神奈川県もがんばってよ!

神奈川県議会がん撲滅をめざす議員連盟(略称:がん議連)
がん撲滅横浜市会議員連盟

もあるのに、何とかならんのかい!

| | コメント (1) | トラックバック (0)