« がんばれ!松沢知事! 受動喫煙防止条例(仮称)が骨抜きに。 | トップページ | 月曜日からおNEW!だぜ »

膀胱がんの新しい世界標準化学療法(GC療法)が日本でも適用可能に

ガンファイターさんのブログで、(http://melit.jp/voices/fight/2009/01/post_436.html

日本イーライリリーが、11月26日、ゲムシタビン(商品名「ジェムザール」)の尿路上皮癌への適応拡大の承認を25日に取得したと発表した事を知りました。

日本イーライリリーのプレス発表は、以下のサイトから見る事が出来ます。

http://www.lilly.co.jp/CACHE/news_2008_33.cfm

自分の場合、治療は、初回は、内視鏡による手術。

再発時、内視鏡による手術 + 予防措置としてBCG膀胱腔内注入療法。

再々時は、内視鏡による生検、BCG膀胱腔内注入療法で、治療。

でしたので、いわゆる抗がん剤は使用していませんでしたので、いろいろと知識不足。

勉強したいと思います。

さまざまな情報が、ガンファイターさんのブログにあります。

ぜひ、御覧下さい。

http://melit.jp/voices/fight/2009/01/post_436.html

|

« がんばれ!松沢知事! 受動喫煙防止条例(仮称)が骨抜きに。 | トップページ | 月曜日からおNEW!だぜ »

膀胱がん・がん関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202514/43738783

この記事へのトラックバック一覧です: 膀胱がんの新しい世界標準化学療法(GC療法)が日本でも適用可能に:

« がんばれ!松沢知事! 受動喫煙防止条例(仮称)が骨抜きに。 | トップページ | 月曜日からおNEW!だぜ »