« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

良いお年をお迎え下さい。

今年も、あと数時間です。

うまくいかなかった事だらけでしたが、いろいろな事を学べた一年間でした。

今後の方向性などが見えたから、まぁ良しって事で。(笑)

皆様、来年もよろしくお願い致しまーす!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

がんでもいいじゃん♪忘年会:小田原編

29日は小田原で、癌でもいいじゃん♪の忘年会に参加して来ました。

総勢14名の方が参加されました。

主に関東近郊の人達ですが、岐阜からのカルボさんがいらしゃって、びっくり大歓迎です。

それはもう、沢山の美味しいお料理や、楽しいおしゃべり&爆笑の連続で、とても充実した楽しいひとときでした。

やっぱりいいですね。この輪をもっと広げて行きたいと思います。

F1000106 こんなお酒もありましたよ。

F1000108かになんて、3人でこのボリューム!贅沢でした。

今日は、いつもより、ちょっと多めに歩いて来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

全米膀胱がん患者権利擁護ネットワーク(BCAN)

Logo

アメリカには、「全米膀胱がん患者権利擁護ネットワーク(BCAN)」なるものが
存在しているそうです。

URL : http://www.bcan.org/

ガンファイターさんのページで知りました。

ソース元:http://melit.jp/voices/fight/2008/07/post_273.html

Logobladdercancersociety 

読み進めて行くと、「ABLCS(全米膀胱がん協会)」なるものも存在している様です。

URL : http://bladdercancersupport.org/

この二つの団体の関係は不明だそうですが、この様な団体があるのはいい事では、ないかと思います。

日本にもこんな団体があるといいのにと思います。

日本には、膀胱がんの患者会すら、ないようですからね。

あっても、オストメイトになってしまう様ですね。

ガンファイターさんの所で、いろいろ勉強して行きたいと思います。

まずは、BCANで販売しているオレンジのリストバンドほしいなぁ~。

どうやら、アメリカでは膀胱がんは、オレンジがイメージカラーという事でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軟性膀胱鏡の普及を!

ネット の患者仲間さんが通院されている病院では、検査時にまだ、硬性鏡が使用されています。

患者の苦痛を積極的に取り除いて下さい!!

方法が既にあるのに、どうして導入してもらえないのでしょうか?

膀胱がんの検査の一つに、膀胱鏡検査があります。

これは、砕石位(両足を開いた姿勢)になって、
尿道の出口から内視鏡を膀胱内へ入れ、直接、膀胱・前立腺・尿道の内部を観察する検査です。

これに使用される膀胱鏡には、大きく分けて、硬性鏡と軟性鏡があります。

硬性鏡は、棒状の硬いまっすぐなやつで、こんな感じもものです。

Kou_2
大阪の辻橋クリニックさんのHP

これを膀胱まで入れる場合、男性には、相当な苦痛があります。
(通常、ゼリー状の麻酔を用いたりしますが、効果は気休め程度です)
何せ、引っ張って伸ばして、入れるですから。
それに尿道を傷つけながら入れるので、検査後の排尿には、信じられないくらいの痛さがあります。
これが大体、1日強程度続きます。(毎回の排尿が痛いってもんじゃありません)

一方、軟性鏡は、こんな感じのものです。

Nr040722cyf5aj_1
オリンパスのサイトから。

軟性鏡は、殆どの方が麻酔なしで検査を受けているかと思います。
自分は特に麻酔や座薬等は一切使用せず、検査を受けていますが、
さほど痛みはありません。膀胱までするりと入ります。
硬性鏡の時は何回も何回もやって、やっと膀胱にカメラが入る状態でした。
また、検査後の排尿痛もほとんどないかと思います。

硬性鏡の方が、
・視野が広く使い勝手がよい(ソース元
・画像がいい
・メンテナンスがしやすい

らしいですが、

軟性鏡に自分が感じているのは、
・何といっても、苦痛が少ない
・画像は、軟性鏡の方がきれい   (検査時に見せてくれるので実感しています)
・先が曲がるので、隅々まで見える (膀胱内に入ってきた、軟性鏡自身を見る事さえ出来る)
・第一、自分の膀胱には外来検査時に硬性鏡では入らなくなってしまった。

です。

方法は、既にそこにあります。苦痛を取り除いて下さい。

町の泌尿器科専門医院でも導入している所は多数あるようです。

決して、大学病院みたいな大きな所でないと導入出来ない事は内容に思うのですが・・・。

ネットで、わが街の導入病院一覧でも作成したら、未導入の病院はしてくれる様になったりするかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティトゥリーで、かぜ対策!

かぜ対策として、アロマオイルの「ティトゥリー」をマスクに1、2滴垂らすと良いらしいので、

通勤時にマスクをしています。

使い捨てのマスクも余っていたし、「ティトゥリー」も持っているので、ちょうどでした。

「ティトゥリー」には、

・免疫機能を強化し、白血球を活性化
・強力な殺菌力や抗ウィルス作用
・かゆみを抑える、鼻水・鼻づまりを抑制

があるので、みなさまも試しあれ。

有給が残り少ないので、かぜで欠勤を防ぎたい今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

変酋長おめでとう!夢を叶えたんですね!杉浦貴之さんが完走!!

Sugiura_2

↑をクリックして下さい。

杉浦貴之さんが、夢を叶えた模様です!!かっこいいぜ!変酋長!!

どうなったか、気になっていたんですが、オフィシャルのページから検索出来る事を知り

探してみましたら、ありました!!

これって本人ですよね。完走ですよね。やったね。

テレビで言ってた夢を叶えたんですね!カッコイイゼ!変酋長!

おめでとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

定期検査 結果はOK

12月2日は、膀胱鏡による検査でした。また、この時の尿細胞診の結果を9日に聞いて来ました。

結果は、問題なし。尿細胞診はClass2で、こちらもOKでした。

次は半年後です。

しかし、検査って慣れないっていうか、だめですね。

検査の日が近づいてくると、どうも変になって来てしまいます。

もしも・・・どうしょう・・・自分を信じて!絶対大丈夫!・・・。

去年は、検査に向う途中、事故ってしまい、30万の出費!とほほ。

自分の通院している病院は、ファイバースコープの膀胱鏡で軟らかいのが救いです。

麻酔は要らないし、検査後の地獄の様な、排尿時の痛みはありませんからね。

硬性鏡の時は、本当に辛かったですから。

この日は混んでましたぁ~。約2時間待ちでした。こんなに待ったのは数年ぶり。

おかけで、前の日に購入した本が半分くらい読めてしまいました。(笑)

何はともあれ、ほっとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TAKA変酋長が、「泣ける歌(NTV)」に出演決定!

28歳の時に、腎臓がんを宣告され、「早くて半年、2年後生きている可能性は100%ない」とまで言われた杉浦 貴之さんが、NTVの「誰も知らない 泣ける歌」に、12月9日に出演します!

12月9日(火)夜9時00分放送!

曲は「大丈夫だよ」です。

とても素敵ないい曲です。ぜひ、御覧下さい。

(初めて聞いた時、自分、泣きました)

CDは、AMAZONから購入できますよ。

51fvv96vvtl_sl500_aa240_

http://www.amazon.co.jp/Life-strong-%E6%9D%89%E6%B5%A6%E8%B2%B4%E4%B9%8B/dp/B0018OFGXI

AMAZONからなら少し安いっす!

変酋長のサイト、メッセンジャーもよろしく!

http://www.taka-messenger.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »