« 蓮の花のリレー | トップページ | 膀胱がんの世界と日本の標準治療 »

膀胱鏡

第20回 日本Endourology-ESWL学会総会 (2006年)

なんのこっちゃ?なんですが、この中に膀胱鏡の事が書かれておりましたので、資料として書いておきます。

資料の見方

→ http://www2.convention.co.jp/jsee20/ の所から

左側の真ん中辺りの「教育プログラム」をクリックすると
■ 教育プログラム2 Endourology:「軟性膀胱鏡」が、表示されます。

そこにあるボタンをクリックすると見る事が出来ます。

一発リンクは、こちらまで↓
http://www2.convention.co.jp/jsee20/education2.pdf

それにしても、まだ、硬性鏡を使う医者はおかしいですよ
自分が患者の立場になって、検査を受けて見れば一発

硬性鏡は、検査時痛い、終わった後の排尿が激痛(しばらく続きます)、血尿などなど

一方、軟性鏡のファイバースコープは、痛くないし、画像もきれい、

医師、患者にとって、Win-Win だと思うのですが・・・

自分の通院している病院では、軟性のファイバースコープを導入しているので
助かっていますが、導入していない病院の患者さんは大変です。

ちなみに、自分、何十回も硬性鏡を出し入れ(検査や手術)されるうち、

膀胱手前で別の道筋が出来て、かなり、硬性鏡では難しい状態です。

何回もチャレンジされると、それだけで凄く痛いし、超頻尿になり大変です。

その点、ファイバースコープなら、確認しながら入れられますし

ぐるりんぱとも出来ますので、簡単に一発で膀胱までカメラが入ります。(先生に感謝)

しかも、膀胱に入って来たカメラ自身を見れるのですから、ファイバースコープは凄いです。

未導入の病院は、是非とも導入してもらいたいです。

硬性膀胱鏡と軟性ファイバースコープの膀胱鏡とは、天国と地獄の差です。

特に男性の方で、検査が必要な方は、病院のホームページや電話で確かめてから行かれた方がよいかと思います。(病院を決める、覚悟を決める上でも)

注意:軟性鏡といっても、いきなり進歩した訳ではないようで、痛い軟性鏡もあります。

    ですので、ご注意を。硬性膀胱鏡の方が画像が鮮明でと言った医者がいるなら無知です。最新の軟性電子膀胱鏡の方が画像はきれいです。検査の時、画像を見せてくれるので、間違いなく、今の膀胱鏡の方がきれいに見えます

でも、出来たら膀胱鏡を使わなくても良い検査方法が確立される事を望みます。

どちらにしても、恥ずかしいのは間違いない訳で・・・。

|

« 蓮の花のリレー | トップページ | 膀胱がんの世界と日本の標準治療 »

膀胱がん・がん関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202514/17348722

この記事へのトラックバック一覧です: 膀胱鏡:

« 蓮の花のリレー | トップページ | 膀胱がんの世界と日本の標準治療 »