« JCU Relay for Life Tribute 2007 | トップページ | 「.docx」「.xlsx」などのOffice 2007で作成されたファイルを旧Officeで開く方法 »

運動の見直し

11月は、一応、運動をこなして来ましたが、結果が出せませんでした。

どうしたもんかなぁ?と思っていた所で、

今日、フィットネスのカウンセリングを受けて来ました。

自分の状況を測ってくれて、自分の目標にあったメニューを考えてくれるサービスです。

入会すると必ず1回は受けるのですが、それがちょうど、今日でした。

測った結果が、これです。(うわぁひどい・・・)

No1_2

数字はあえて伏せてあります。(目盛りを読まない様に)

トレーナーのお話では、筋力をつけましょう!との事。

わかっているんですが、

つまんないですよね筋トレって。それに辛いし。

作ってくれたメニューがこちら。

2

有酸素運動もジョギングよりも、膝に負担をかけない物の方が良いとの事。

11月は、走ったけど、結果が出なかったので、

12月は走る事よりも、まずは、筋肉アップ!

このメニューで行きたいと思います。

何とか結果を出したいと思います。

来月は、FP2級の学科試験がありますので、こっちもがんばらなくては。

|

« JCU Relay for Life Tribute 2007 | トップページ | 「.docx」「.xlsx」などのOffice 2007で作成されたファイルを旧Officeで開く方法 »

スポーツ&ダイエット」カテゴリの記事

コメント

「読んじゃ駄目」と言われると読みたくなるのが人情でして(爆)。
目盛り、さりげなく見ちゃいましたけど^^

男性はやはり外側の大きな筋肉を鍛えた方がいいのでしょうか?
メニューを拝見すると、そんな感じですよね~。
私はバレリーナみたいな、しなやかで強靱な筋肉がほしいです^^;
最近、自宅ヨーガもサボりがちですけど(T.T)

ちなみに私はBMI17弱、体脂肪率16%後半って感じです。
玄米菜食にしたら、あっと言う間に5kg痩せて、
そのままですから、今の状態が自分に合っているのかも^^
でも快調ですよ~ん♪

投稿: 右京 | 2007年12月 4日 (火) 10時22分

右京さん~。だから見ちゃだめですって(笑)
前ふりじゃないんですから(笑)

>BMI17弱、体脂肪率16%後半
うらやましいです~。

食べなくても落ちないし、食べてしまうと増える自分です。(TT)/

投稿: indy | 2007年12月 4日 (火) 11時23分

運動はとても大切ですね。  私は、ストレッチ(週2回)と歩くこと、ジョッギング、登山を運動のメニューにしています。11月の走行距離は50キロ、登山は一回。少ないですが、日々の生活を楽しみながら、歩ける幸せ、走れる喜び、山に登れる感動を味わっています。  お世話になっている枇杷灸の先生から、筋肉を付けたら病気は治るよといわれています。  脂肪が筋肉に変わる時にできる、アディポネプチン(?)という物質には抗癌作用があるとのこと。  ここの患者さんで、団体でマラソン大会に参加するんですよ。  枇杷灸のスポンサー付のユニホームを着て・・・・・    

投稿: ととろ | 2007年12月 4日 (火) 11時32分

indyさん頑張って~って人ごとではありません
  
ワタシも最近筋肉が落ちてるとトレーナーからいわれました痩せたのは筋肉らしい(ありゃりゃ)

ん~頑張って脂肪を落とさねば・・・・そして筋肉をその分つけよう!!頑張ります

投稿: ブーリー | 2007年12月 4日 (火) 20時37分

>ととろさん
>アディポネプチン(?)という物質には抗癌作用があるとのこと
この情報は、初めてお聞きしました。
脂肪はたっぷりありますので、いっぱい変えなくては(笑)
マラソン大会にも出場されるのですか?
すごいです。自分は、まだ、大会出場はしたことないんですよ。
5Kmがやっとなもので。マラソン大会、頑張って下さいね。


>ブーリーさん
自分も通い出した頃より、筋肉や基礎代謝が落ちていると言われました。
お互い頑張りましょう!

投稿: indy | 2007年12月 5日 (水) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202514/17268308

この記事へのトラックバック一覧です: 運動の見直し:

« JCU Relay for Life Tribute 2007 | トップページ | 「.docx」「.xlsx」などのOffice 2007で作成されたファイルを旧Officeで開く方法 »