« たこの唐揚げです | トップページ | 運動記録 »

がん告知:衝撃少なく 全国で医師対象に講習会

ここの所、ずっと帰り遅いのですが、今日、さあ帰ろうかと思って

Yahooをリロードしたら、この話題の記事が目に止まり、思わず、見入ってしまいました。

患者の精神的ダメージを最小限にとどめる「がん告知」を目指し、07年度から医師を対象にした講習会が全国規模で開かれることになった。がん患者の精神的ケアをする医師らでつくる「日本サイコオンコロジー学会」(代表世話人・内富庸介国立がんセンター東病院精神腫瘍(しゅよう)学開発部長)が準備を進めてきた。厚生労働省も07年度予算案に約2500万円を計上し、バックアップする。

 がん告知は、患者や家族にとって精神的な負担が極めて大きい。しかし、大学の医学教育などには、患者の感情や生活の質(QOL)を重視する十分なカリキュラムが組まれていない。このため、医師の心ない発言で患者が傷つくケースが相次いでいる。例えば「まだ、生きられると思っていたんですか」(暴言型)「抗がん剤でも民間療法でも、あなたの好きな方でいいですよ」(責任放棄型)などだ。医療関係者の間でも告知の技術向上が課題となっていた。

 国立がんセンター東病院精神腫瘍学開発部は昨年9月、患者の意向調査の結果を踏まえ、告知の技術習得のためのテキストを作成した。「相手の目を見て話をする」などの基本的動作から、告知を伝える環境設定、「悪い情報」の伝え方、患者の情緒的支援の方法まで網羅されている。すでに講師を務める医師、臨床心理士8人を確保した。

 講習会はこの8人が中心となり、07年度は東京、大阪、福岡など7カ所で開く予定。内富氏は「告知の成否はその後の治療にも大きく影響する。患者の意向に沿った医療の実現に全国講習会はきっと役立つと思う」と話している。【南恵太】

毎日新聞 2007年2月19日 15時00分

ソース元:http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070219k0000e040060000c.html

読んでみて、がっくしです。

暴言を吐く、医者なんて論外って気がします

技術の向上というよりは、
まともな人間になりましょうっていう教育の気がします
こんな事に税金が2500万円も使われるだなんて。

って、思わず、疑問に思っちゃいました。

みなさんは、どう思われますか?

|

« たこの唐揚げです | トップページ | 運動記録 »

膀胱がん・がん関連」カテゴリの記事

コメント

indyさん、こんばんは。現実に患者や家族の心を無視したおかしな医者がいる以上、このような講習会も少しは意味があるのかもしれません。しかし基本的にはindyさんがいわれるとおり、人間性の問題ですよね。なかにはすぐれた医師もたくさんいますが、横柄で自分勝手な医師も山ほどいます。患者はと家族はこのような医師にどのように対処したらいいのでしょうか。医師を患者が教育するということでしょうが、かんたんには、変わりませんしね。

投稿: 真 | 2007年2月20日 (火) 22時16分

確かにそうですよね。
自分の行っている大学病院は長くても2年で先生が代わってしまうんです。なので、もう数人の先生と出会って来ましたが、幸いにもいい先生ばかりでした。
恵まれていました。

せっかくこういった講習をするのであれば、是非、実りある物にしてほしいですね。

投稿: indy | 2007年2月25日 (日) 23時37分

始めまして ミクシーの方から覗きに来ました^^
私も 癌体験者です。 普通 告知って物がどんなものかも知らないうちにwww (胃潰瘍の検査で胃カメラを飲み その時発見されたのですが・・・)
胃カメラを飲んだままの状態で 告知されました
『○○さん これ悪性ね・・・ 癌てやつです 切らなきゃダメね。このくらいなら切れば大丈夫なんじゃない?』ってな感じでした・・・暴言と言う程のものではありませんが いかがな物でしょうって感じですwww 告知された本人は実感がわかず 家族が激怒しましたねwww 自分達が子供の頃は 医師は尊敬できる物でしたが こんな講習が必要なほど医師の人間性が落ちていると言う現実が悲しいですね・・・ 

投稿: きいろ | 2007年4月 3日 (火) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202514/13980508

この記事へのトラックバック一覧です: がん告知:衝撃少なく 全国で医師対象に講習会:

« たこの唐揚げです | トップページ | 運動記録 »